istanbul travesti istanbul travestileri istanbul travesti istanbul travesti beylikdüzü travestileri istanbul travestileri travesti
長期滞在

ある程度下見を重ね、数ヶ月の滞在を試してみた後、マレーシアに長期で滞在されたい場合は、MM2Hビザの取得をお勧めいたします。ビザを取得されますと、ビザの範囲内であればマレーシアの出入国は自由で、ビザ取得後に決まった期間マレーシアにいなければいけないという決まりもございません。年間で180日以上マレーシアに滞在されたいという方にはお勧めです。

滞在先

コンドミニアムはビザが無くても契約が可能です。マレーシアに半年以上滞在される方はコンドミニアムを契約されている方がほとんどです。契約は1年以上が基本となっています。
コンドミニアム詳細

銀行口座

基本的にはビザをお持ちでなければ口座を開設することができません。その為、ビザをお持ちで無い方は日本円の現金を両替する方法や、シティバンクなどの口座から引き出す方法を取っています。

医療保険

ビザをお持ちのほとんどの方は、年単位で日本の海外旅行保険に加入されています。マレーシアでは通院を補償する保険が無いので、ちょっとした通院でも補償がある海外旅行保険が人気の理由とも言えるでしょう。一部の海外旅行保険では、キャッシュレスで治療が受けられる病院もございます。補償内容をよく確認の上、お申し込みをお勧めいたします。

日々の生活コスト

一般的なロングステイヤーの方に生活費をお伺いすると、日々の生活費は日本よりやや少ないくらいというのが現状の様です。ただ、マレーシアと日本では物価が違いますので、マレーシアでの生活の方がより質の高い生活を送れます。マレーシアでの生活費の他に目に見えないところでの出費として、日本にある家の維持費や税金、年に数回日本に帰るときの旅費、車のメンテナンス費用などがかかる為、平均すると日本で生活するのとほとんど変わらない生活費がかかるというのが本当のところのようです。

平均的な生活費の目安

平均的料金 補足
コンドミニアム家賃 RM1700~/月
(年契約の場合)
通常2~3LDK,バス・トイレ2~3室付き。施設はプール、ジム、駐車場、門衛など。ロケーションや建築年数、設備充実度により料金が異なります。
電気 約RM100/月 エアコンは電気代が高額の為、数百リンギットに及ぶこともあります。夜は扇風機を回すか窓を少し開けておけば涼しく快適です。
水道 約RM10/月 日本に比べて圧倒的に安い
下水道代 約RM10/月 日本に比べて圧倒的に安い
プロパンガス 1 ボンベあたり
約RM25
毎日の炊事派でも約3ヶ月は持ちます。日本のようにガスを
引いてないので、ガスが切れたら交換に来てもらいます。
ホーム電話基本料金 約RM25 日本への国際電話はスカイプの無料通話を利用するか、プリペイドの国際電話カードを使用すると節約できます。
携帯電話 RM50~/1台 プリペイドカード方式もあり。
携帯電話本体は機種にもよりますが約RM200~。
インターネットADSL RM100~ ホーム電話基本料込みのお得なパッケージもあり、TMネットの場合1Mで RM110~/月。MAXIS, CELCOMなどの携帯電話の会社を始め幾つかの会社がありニーズに合わせて選択可能です。
衛星放送(アストロ) 約RM100 契約放送の数で異なります。NHKチャンネルを含みます。
食費 RM1500 1日あたり夫婦で平均RM50の場合
保険料 RM300/人/月 1年間1人約10万円の場合
車の維持費 RM300~/月 車両保険、ロードタックス、ガソリン代、高速道路代、修理費用など。
被服費、雑貨代等 RM300~
日本帰国時の航空運賃 RM2500~/人 日本に比べて飛行機代は高いですが、プロモーションがあればRM1700位で買えることも。
日本での税金や家屋の維持費 ∞ 無限大 日本での生活基盤が残っている人ほど出費がかさみます。
ゴルフや旅行などの娯楽費 ∞ 無限大 ゴルフは1回RM100位から。旅行はエアーアジアなどの 格安航空会社を利用すれば比較的安価に旅行が可能です。

* ココナッツクラブメンバーの方の情報を参考にさせていただきました。

車の運転

マレーシアの運転事情は左側通行で日本と同じの為、運転が比較的容易です。ただし、日本に比べると全体的に運転が荒いので充分に注意しましょう。ゴルフや旅行を計画されている方は運転が出来たほうが便利でしょう。国際免許証の有効期限は1年ですので、長期滞在予定でビザをお持ちの方は、有効期間内の日本の運転免許証をマレーシアの運転免許証に書き換えると便利です。マレーシアの大使館・領事館にて免許証の翻訳証明を発行してもらい、それを持って写真と共にJPJ(道路交通局)に提出し、現地の免許証を受け取ります。現地の免許証の更新は郵便局でも可能です。